DATE: 2018.12.17

「子どものための建築と空間展」パナソニック 汐留ミュージアムで開催

「子どものための建築と空間展」が2019年1月12日(土)~3月24日(日)の期間、パナソニック 汐留ミュージアムで開催。子どもたちが育つ環境作りについて知ることができます。

子どものときに過ごした空間が、原風景としてその人のその後の生き方や考え方に影響を与えることは少なからずあるのではないでしょうか。本展では、子どもたちが時間を過ごす学びや遊びの場である建築、空間の中から、日本の近現代の建築・デザイン史の視点で、ひときわ先駆的、独創的なものを紹介します。

日本の近代教育の歴史の始まりは、さかのぼること明治時代。当時の擬洋風建築の校舎、大正自由教育の時代の造形豊かな小学校、1970年代の先駆的なオープンスクールなど、校舎はさまざまに変化を遂げました。建築ごとに、子どもたちが親しみを持てる外観が考案され、心安らぐインテリアの充実が図られるなどの工夫も重ねられています。幼稚園、保育園など、学校以外の遊び場や読書の空間といった場所に関しても、ユニークな取り組みがあります。

今回は、作り手と使い手の両方に着目しながら選んだ写真、図面、 模型といった作品資料を展示。教育玩具や絵本の原画なども選りすぐって紹介します。社会のあり方が大きく変化する現代ですが、“子どもたちが育つ環境作りとは”ということを考えさせてくれる展示となっています。

※画像写真の無断転載を禁じます

子どものための建築と空間展

住所:〒105-8301 東京都港区東新橋1-5−1 パナソニック 東京汐留ビル4階
TEL:03-5777-8600
会場:パナソニック 汐留ミュージアム
開催日:2019年1月12日(土)~3月24日(日)
開催時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:水曜日
料金:一般800円 65歳以上700円 大学生600円 中・高校生400円 小学生以下無料
公式サイト
Fasuメンバーズ(無料)に登録しませんか?

家族みんなで楽しめる情報満載のメルマガをお届けするほか、プレゼントや会員限定のイベント・ワークショップにご応募いただけます。

LATEST POST 最新記事

フォルケでSDGsを学ぶ。現役教師はデンマークで何を得たのか【北欧留学体験記:後編】
子供と一緒に楽しみたい。ホリデーシーズンを盛り上げる「クリスマスじたく」5つのアイデア
環境に優しいトマト栽培って?野菜の会社が行きついた、地球のため、子どもの未来のためにできること
レゴ ブロックで社会貢献。子どもにもできる#BuildtoGive #ハッピークリスマス