DATE: 2019.02.06

「『#005 PHOTO Playground』~写真と出会う、写真と遊ぶ~」親子で楽しめる写真展がGinza Sony Parkで開催中

全ての世代の方が楽しめる写真展「『#005 PHOTO Playground』~写真と出会う、写真と遊ぶ~」がGinza Sony Parkで2019年3月3日(日)まで開催中。

本イベントは、年間を通して、驚きや遊び心を感じる体験型イベントやライブプログラムを実施しているGinza Sony Parkの実験的プログラムの第5弾。今回は、“LIVING WITH PHOTOGRAPHY”をテーマに、さまざまなアプローチで日常の中でアートフォトと親しむ提案をする〈IMA〉とのコラボレーションです。

各フロアには国内外で活躍するアートフォトグラファーの作品が展示され、 “公園”に相応しいコンセプトや仕掛けが施されています。地上フロアには、パリを拠点に活動するグラフィックアーティストのダミアン・プーランによる、高さ約4mの巨大な猫の彫刻「猫も杓子も/Catgrapher」(2018)を設置。“人が動物の写真を撮る”という日常の構図を逆手に取って、猫が人の写真を撮ることで感じる新たな感覚を体験できます。撮影された写真は、スマートフォンにダウンロードして持ち帰ることが可能。

その他に、水を湛えた池の中に写真家・鈴木理策の「Water Mirror(水鏡)」(2017)を展示する公園らしい作品も登場するなど、ユニークな立体展示や大型展示が登場。随所に散りばめられた体験型の作品を通して写真の新たな楽しみ方を体験することができます。全ての世代の方が楽しめる展覧会、ぜひ親子で足を運んでみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】