DATE: 2019.03.06

春の風物詩!「FLOWER GARDEN 2019」が横浜赤レンガ倉庫で開催

毎年恒例となっている横浜赤レンガ倉庫主催の春イベント「FLOWER GARDEN 2019」。今年は“港の見えるフラワーガーデン”をテーマに開催。

2019年3月29日(金)〜4月21日(金)まで、約8,000株の草花が横浜赤レンガ倉庫を春色に染める「FLOWER GARDEN 2019」が開催されます。

13回目の開催を迎える今年は、開港160周年を迎える横浜港と緑のコラボレーションを目指し、“港の見えるフラワーガーデン”をテーマに設定。会場エントランスにはハート型のフラワーアーチ、中の庭園内にはクマやウサギをはじめとする動物のトピアリー、奥の横浜港を臨む広場にはピンクのマーガレットで作られた、高さ7mのシンボルツリーがそびえる“マーガレットの丘”が出現。シンボリックなフラワーアートの数々が来場者の目を楽しませます。

また、会場内にあるドライフラワーカフェ&バー〈HANABAR〉では、食べられる花として知られるエディブルフラワーを使ったフード ・ドリンクの販売や物販、ドライフラワーを使ったワークショップを開催。さらに日没後は会場が華やかにライトアップされるなど、朝から晩まで盛りだくさんの内容をお届けします。横浜の春を感じにぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】