DATE: 2019.03.15

自閉症の女の子を描いた絵本『すずちゃんののうみそ』の原画展が静岡・三島で開催

静岡県三島市の「えほんやさん」で、自閉症スペクトラム(ASD)の女の子を描いた『すずちゃんののうみそ』の原画展が開催中。
『すずちゃんののうみそ』原画展

国連により、“世界自閉症啓発デー”と定められている2019年4月2日(火)。自閉症をはじめとする発達障害についての理解を深め、誰もが幸せに暮らすことができる社会を目指す取り組みが世界各地で行われます。

これに合わせ、静岡県三島市にある「えほんやさん」で、自閉症の女の子を描いた絵本『すずちゃんののうみそ』の原画展が開催中。4月2日(火)には著者の竹山美奈子が来場し、トークショーも開かれます。

『すずちゃんののうみそ』は、保育園の年長クラスに通う自閉症のすずちゃんのママが、保育園のお友だちから寄せられた質問にひとつひとつ手紙で答えた内容を一冊にまとめた絵本。自閉症についてわかりやすく描かれ、身近に感じることができると注目を集めています。

本作を読んだことがある人も、初めて触れる人も、絵本の美しい原画を鑑賞しながら、改めて自閉症について考えてみてはいかがでしょうか。

LATEST POST 最新記事

エコフレンドリーな赤坂「ARK HILLS CHRISTMAS 2021」。ワークショップや蚤の市、クリスマスマルシェも開催
予算内で理想に近づけるには?部分的DIYで賢くリフォーム【実録!家族4人の郊外移住計画 Vol.3】
クラブメッドのホリデーシーズンが開幕。北海道 トマム、石垣島 カビラで海外気分の年末年始を
10歳で将来の決断を迫られた少女時代。映画監督・安藤桃子に聞いた家族愛と高知愛