DATE: 2019.04.26

スヌーピーとサイエンスアートがコラボ!横浜赤レンガ倉庫1号館で「SNOOPY™️ FANTARATION」を開催

「スヌーピー×おもしろサイエンスアート展『SNOOPY™️FANTARATION』」が、2019年5月12日(日)まで横浜赤レンガ倉庫1号館で開催。
横浜赤レンガ倉庫1号館「SNOOPY™️FANTARATION」

アメリカの人気漫画『ピーナッツ』のキャラクター“スヌーピー”と、サイエンスアートがコラボレーションした企画展「SNOOPY™️ FANTARATION」が、現在横浜赤レンガ倉庫1号館で開催されています。

『ピーナッツ』の生みの親・チャールズ M. シュルツと生前親交の深かった、日本人アーティスト・大谷芳照がプロデュースするこの企画展では、愛知工業大学の協力によるロボット「スヌーピーダンスロボ」をはじめ、木工作家や造形作家など、さまざまなジャンルで活躍するアーティストが制作した新しいスヌーピー作品を展示。大谷がシュルツ監修のもと「スヌーピータウン」プロジェクトのために制作し、その後アメリカに寄贈された「からくりオブジェ」も特別に公開されます。展覧会のタイトルとなっている「fantastic(素敵な)」と 「inspiration(直感)」を掛け合わせた造語、「FANTARATION(ファンタレーション)」をテーマに、“素敵な直感”から生まれた約80点の作品が一挙に展示される空間はスヌーピーファン必見です。

サイエンスアートの世界を通して、スヌーピーの新たな魅力を探ってみてはいかがでしょうか。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】