DATE: 2019.05.07

〈札幌芸術の森〉で「0さいからのげいじゅつのもり ドライブインシアター」を開催

2019年5月19日(日)まで、〈札幌芸術の森〉で「0さいからのげいじゅつのもり ドライブインシアター」を開催。段ボールでできた車に乗車して映画を楽しめる、子ども向けのドライブインシアターが登場。

2014年より、雪の影響を受ける時期に子どもたちの数少ない遊び場として、「0さいからのげいじゅつのもり」展を開催してきた〈札幌芸術の森〉。6回目となる今年は、駐車場にスクリーンを設置し、乗車したまま映画を楽しめるアメリカ発祥の娯楽、“ドライブインシアター”をテーマにした「0さいからのげいじゅつのもり ドライブインシアター」を開催。子供たちがダンボールでできた車に乗車し、2.4m×4.2mの大きなスクリーンに映し出されるコマ撮りアニメーションを楽しめる内容になっています。

映写する作品は、広告美術やアニメーションなどの映像・楽曲制作を行うアーティスト集団「パンタグラフ」が手がけた、コマ撮りのアニメーション。約20分間で18作品を上映し、繰り返し上映するのでいつ来ても鑑賞することができます。さらに会場にはティピーテントを設置し、野菜フェルトや積み木、木馬といった玩具も多数用意。子どもたちが目一杯楽しめる環境を提供します。

2019年5月19日(日)までの開催なので、この機会をお見逃しなく。

EVENT SNAP イベントやワークショップ参加者のスナップ

LATEST POST 最新記事

食物アレルギーでも食べられる、100%植物食材のビーガン・スイーツ専門店がオープン
『監視資本主義:デジタル社会がもたらす光と影』が警鐘を鳴らす、無防備な10代とソーシャルメディアとの付き合い方
【Vol.10】J.M. WESTONのローファー
相場正一郎シェフが手がける待望の新作レシピ集『30日のイタリアン』が発売!