DATE: 2019.05.17

〈国立国会図書館 国際子ども図書館〉で展示会「詩と伝説の国―イランの子どもの本」を開催

2019年7月21日(日)まで、〈国立国会図書館 国際子ども図書館〉で展示会「詩と伝説の国―イランの子どもの本」を開催。
詩と伝説の国―イランの子どもの本

2019年が日本とイランの外交関係樹立90周年であることを記念して、〈国立国会図書館 国際子ども図書館〉で展示会「詩と伝説の国―イランの子どもの本」が開催されています。

展示会ではイランの子どもの本を、「詩と伝説の国イラン」「イランの児童書の現在」「画家、作家紹介」の3つのセクションで展示。イランの子どもの本の特徴である、詩に絵を付けた絵本や詩人が文章を手がけた絵本、伝説や神話をもとにした絵本のほか、国際的な賞を受賞したイランの著名な画家が手がけた絵本なども紹介します。

活発な読書活動推進運動、そしてソフトカバーやホチキスどめの簡易な装丁で安価な本を作成するといった、子どもが気軽に本に触れられる環境を提供する出版社の工夫により、イランでは年間数千冊の児童書が出版されています。この機会に、普段知ることのできないイランの子どもの本の世界を覗いてみてはいかがでしょうか。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】