DATE: 2019.05.14

〈HAY TOKYO〉で企画展「叢の植物展」を開催、〈叢〉店主・小田康平が集めた個性豊かな植物を紹介

2019年5月26日(日)まで、〈叢(くさむら)〉の店主・小田康平とコラボレーションした企画展「叢の植物展」が〈HAY TOKYO〉で開催。

“いい顔してる植物”をコンセプトに、独自の美しさを提案する植物屋〈叢〉。そんな〈叢〉の店主・小田康平が、国内外で巡り出会った個性あふれる大小さまざまな植物を紹介する企画展「叢の植物展」が、〈HAY TOKYO〉で開催中です。

会期中は〈HAY〉のフラワーポットに植え込んだ約25点の植物を特別販売するだけでなく、浅草橋の〈白日〉の店主・西坂晃一が、国籍・時代を問わず選んだ約60点の古物に、小田が植栽した鉢植えも登場。プロダクトと無名の古物への植栽という対比を通して、薄暗い地下であっても力強く生きようとする植物の生命力とその輪郭を表現します。

新緑が溢れる初夏の季節にふさわしい、移動植物園のような景色へ様変わりした〈HAY TOKYO〉に是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】