DATE: 2019.07.04

大阪〈国立民族学博物館〉で「夏やすみみんぱくワークショップ2019」を開催

来たる夏休み期間、〈国立民族学博物館〉で「夏やすみみんぱくワークショップ2019」を開催。夏休みの自由研究にも最適なワークショップが登場。

国立民族学博物館〉で、自由研究やクールなお出かけスポットとしてピッタリな「夏やすみみんぱくワークショップ2019」を開催!2019年8月12日(月・祝)に、オリジナル帽子を制作するワークショップ「だれのぼうし?どんなぼうし?」を実施します。

このワークショップでは、「人はなぜ帽子をかぶるのか?」という疑問に答えるべく世界中の帽子を観察し、その役割について考察します。答えが出たら画用紙やリボンを使って自分だけの帽子作りにトライ!帽子の持つ文化的・社会的意味を探りながら、アート制作もできるユニークな内容となっています。

ワークショップは現在申し込みを受付中。先着順なので気になる方は今すぐ応募を!

LATEST POST 最新記事

予算内で理想に近づけるには?部分的DIYで賢くリフォーム【実録!家族4人の郊外移住計画 Vol.3】
クラブメッドのホリデーシーズンが開幕。北海道 トマム、石垣島 カビラで海外気分の年末年始を
10歳で将来の決断を迫られた少女時代。映画監督・安藤桃子に聞いた家族愛と高知愛
ロービーガンスイーツ専門店「POSH」が清澄白河にオープン。旬のフルーツたっぷりのタルトが話題