DATE: 2019.07.22

〈建築倉庫ミュージアム〉で子ども向けのモノづくりワークショップを開催!

〈建築倉庫ミュージアム〉で小・中学生を対象に、夏休みの自由研究をテーマにしたワークショップを実施。
模型制作ワークショップ -パターンを積み上げてドームをつくろう-

2019年8月3日(土)に〈建築倉庫ミュージアム〉で、夏休みの自由研究にもぴったりな「模型制作ワークショップ -パターンを積み上げてドームをつくろう-」を開催します。

雨・雪・風・地震・火山など、自然災害の多い日本では、多くの建築家が避難施設や公園、広場の整備、災害復興、短期間でできる仮設建築や避難所間仕切りなどの制作に取り組んでいます。このワークショップでは、防災の知識も学べるドーム型の建築模型制作に挑戦。“防災頭巾で作るドーム”を提案する〈小大建築設計事務所〉の小嶋綾香と小嶋伸也の指導のもと、オリジナルのドーム型模型を作ります。

洞窟が起源とされるドーム型建築は、大きな無柱空間を作れる、大勢の人が集まる空間に向いている、光や温度の環境に優れている、といった点で防災に向いていると考えられています。ミュージアムの展示室にもさまざまな種類のドーム型の建築模型が展示されており、プロが手がけた作品の鑑賞も楽しみながらモノづくりにチャレンジできる、他にはないワークショップになっています。

現在、参加申し込みを受け付け中なので気になる方はお早めに!

模型制作ワークショップ -パターンを積み上げてドームをつくろう-

住所:〒140-0002 東京都品川区東品川2-6-10
TEL:03-5769-2133
会場:寺田倉庫 TERRATORIA
開催日: 2019年8月3日(土)
開催時間:9:20集合 9:30~17:00 ※会場は〜18:00まで開放
料金:8,000円(材料費・箱代含む)※中学生以下ミュージアム入館チケット付き(有効期限2019年10月14日)
対象:小学校4年生〜中学3年生(定員10名)
※ものづくりに関心のある生徒、ホッチキスが安全に使える生徒
※小学生は保護者の同伴必須(同伴者のミュージアム入館チケットは無し)
制作物:ドーム型模型(土台59cmx44cm、ドーム直径約40cm、高さ約25cm)用意するもの:昼食、ホッチキス、ホッチキスカラー針(任意、ドームの接合部をカラフルにしたい方)、油性マジック、シール(任意、ドームに色やパターンをつけたい方)
申込方法:オンラインチケット販売、定員達し次第終了
公式サイト
Fasuメンバーズ(無料)に登録しませんか?

家族みんなで楽しめる情報満載のメルマガをお届けするほか、プレゼントや会員限定のイベント・ワークショップにご応募いただけます。

LATEST POST 最新記事

東京の屋内アスレチックで雨の日も運動不足を解消!おすすめ施設5選
千葉・稲毛海浜公園内にグランピング施設「small planet CAMP & GRILL」が4/22(木)オープン
芸術×科学が生んだ“ストランドビースト”が登場!「現代のダ・ヴィンチ」テオ・ヤンセンの展覧会
「THE ドラえもん展 SAPPORO 2021」がいよいよ開幕。現代アート×ドラえもんで新たな夢の世界へ!