DATE: 2021.01.20

『学研の図鑑LIVE』とコラボした遊んで学べる図鑑のぬりえ。第一弾は“恐竜”がテーマ

せっかくの子どもとのおうち時間、親子ともにハッピーに過ごしたいもの。とはいえ長引く自粛生活で「もうアイデアが尽きた……」という人も多いのでは。そこでおすすめしたいのが、子どもたちが大好きな“ぬりえ”と“学び”を融合した『NuRIEbook(ヌーリエブック)』。

見た目は本のようでいて、中を開くと全長約1.8mのぬりえの世界が広がる『NuRIEbook』。恐竜”がテーマの『NuRIEbook KYORYU ZUKAN』には、ティラノサウルスやプテラノドンなど、さまざまな恐竜たちのテーマパークが描かれている。裏面には『学研の図鑑LIVE』監修の解説が入っているので、ぬりえを楽しみながら恐竜についても学ぶことができ、まさに一石二鳥。

さらに、専用アプリをダウンロードすると、ティラノサウルスとトリケラトプスが飛び出すAR体験も楽しめる。恐竜と一緒に写真撮影もできるので、恐竜好きなキッズは大喜びしそう。

ページをめくりながら少しずつ塗ったり、長く広げてみんなで一緒に塗ったり、さまざまな楽しみ方ができるのもうれしい。外遊びができない日のアクティビティや、親子のコミュニケーションに、ぜひ役立ててみては。

NuRIEbook KYORYU ZUKAN
発売日:2021年1月20日(水)
価格:¥2,000
ページ数:表10ページ・裏9ページ

※当サイト掲載商品の価格表示は、原則的に本体価格(税抜き)です

LATEST POST 最新記事

ニューバランス「373」にキッズモデルが仲間入り。家族でお揃いも楽しめる!
家づくりの現場って、どうなっているの?|キッズ編集部がゆく!家づくりの裏側を取材 Vol.2
「アマン東京」の春休み限定プラン。大人はのんびり、子どもはアクティビティを満喫
3/9(火)17時〜開催。「災害食レシピ」を教える無料オンラインイベント