DATE: 2021.07.27

毎月花と器が届くサブスクリプションサービス「器と遊ぶお花たち(with CRAFTAL)」

家で過ごす時間が長くなり外食の機会も減少、毎日同じ風景ばかり見ていて少し飽きてきた……という人に、一風変わった花と器のサブスクリプションサービスはいかが?
コースはお花とフラワーベースセット(¥4,400)のほか、フラワーベース&マグ2個セット(¥6,380)、フラワーベース&マグ・プレート2個セット(¥8,800)の3種類。価格はすべて送料込み。

コースはお花とフラワーベースセット(¥4,400)のほか、フラワーベース&マグ2個セット(¥6,380)、フラワーベース&マグ・プレート2個セット(¥8,800)の3種類。価格はすべて送料込み。

和食器のサブスクを展開する「CRAFTAL(クラフタル)」と、日比谷花壇のサブスクサービス「ハナノヒ365days」のコラボレーションによって生まれた「器と遊ぶお花たち(with CRAFTAL)」は、「CRAFTAL」がセレクトした全国の窯元や陶芸作家による伝統工芸品の器やフラワーベースとのコーディネートを楽しめるプラン。

まずはサービス開始前に、好みの色やインテリアテイストなどのアンケートに答える。そのうえで器のプロである「CRAFTAL」のキュレーターがセレクトした器やフラワーベースが届けられる仕組み。器は希望に合わせて毎月交換することができるほか、数カ月経過してからの交換も可能なので、器やフラワーベースが増えて置き場所に困るという心配もない。また、気に入った器は別途購入でき、同じ器を6カ月間継続して使用した場合は、その器が無償でプレゼントされる。

取り扱い作品の一部。1919年創業した瀬戸染付焼の窯元「眞窯」の四代目を担う加藤真雪氏の作品は、眞窯の特徴である白めの素地に凛としたブルーが印象的。
取り扱い作品の一部。1919年創業した瀬戸染付焼の窯元「眞窯」の四代目を担う加藤真雪氏の作品は、眞窯の特徴である白めの素地に凛としたブルーが印象的。

花はその季節をイメージし、日比谷花壇のデザイナーがセレクトした数種類の花をお届け。8月は、南国をイメージさせるアンスリュームをメインにした組み合わせ。9月はシックで華やかなリシアンサス、10月は秋の訪れをイメージした可愛いマムの組み合わせが届く。

外出や旅行がままならない今、さまざまな彩りで季節を感じさせてくれる花とこだわりの器で、おうち時間を充実させてみては。

LATEST POST 最新記事

蝶結びがまだうまくできない子に。段ボールで靴ひも練習ボードを手作り!【Be Creative!】
料理家・谷尻直子とmallow blueのコラボウェアが登場。女性の毎日を心地よく、美しく彩る服
「ダンス保育園!!」がライブ配信で楽しめる、東京・青山のダンスフェスティバル 「Dance New Air」
日本人の感性、美意識を親子で磨く、サントリー美術館の「刀剣  もののふの心」