DATE 2021.04.30

パスタやボタン、家にあるもので作るアートなハンコで、オリジナルのラッピングに挑戦【Be Creative! 動画】

クリエイティブな気分を盛り上げる、工作やインテリアデコレーション、ゲームや遊びなどの提案をするシリーズ【Be Creative!】。今回トライするのは、手近なもので作るアートなハンコ。毎週金曜更新!

いろいろな素材を貼って、スタンプにしてみよう

今回ご紹介するのは、さまざまなものを段ボール紙に貼って、ハンコにするプロジェクト。

ボタンやパスタ、ロープなどなど、家にあるものでOK。できたハンコに絵の具をつけてスタンプすれば、想像どおり、もしくは想像を超える模様ができるかも。

もちろん、失敗することもあるだろうけれど、それも新たな発見につながるはず。

そして、そのハンコを使って、シンプルなクラフト封筒をおしゃれなラッピングに仕上げました。
ちょっとしたプレゼントをする際にも使えるテクニック。ぜひ参考にしてみて!

まず段ボールをハンコサイズ(今回は5cm×5cmくらい)に切り、2枚を重ね、ボンドで貼ります。

 

そこに、ハンコになりそうな素材を貼っていきます。
今回貼ったのは、モール、パスタ、ポンポン、ボタン、ひも。
動画では、モールは切って貼り、ひもは段ボールにぐるぐる巻きましたが、同じ素材でも貼り方によって、模様が変わるので、いろいろなパターンを試してみて。

 

素材を貼った裏側にはペットボトルのキャップを貼って、スタンプする際の持ち手にします。ボンドが乾いたらハンコは出来上がり。

ラッピングに使用したのは、どこにでもあるクラフト紙の茶封筒。茶色の紙に映える白の絵の具でぺたぺたハンコをスタンプし、模様をつけます。2,3種類のハンコで模様を作るのがおすすめ。もちろん、カラフルな絵の具を使っても、全然異なる表情になって、可愛いはず。

 

ラッピング以外にも、アクリル絵の具を使ってエコバッグをデコったり、キャンバスにスタンプしてアート作品を作ったり。
ハンコを作った後のクリエイティブな作業が、また楽しい工作。

 

材料もスペシャルなものは必要ないので、GWにぜひ試してみてください!

【用意するもの】
段ボール紙
ハンコの素材(モール、パスタ、ポンポン、ボタン、ひもなど)
ペットボトルのふた
はさみ
ボンド
絵の具
クラフト封筒

 

 

LATEST POST 最新記事

クリエイター夫婦が、TVではなくプロジェクターをリビングに置く理由【東京ファミリー編】
ストレスフリーな子連れ旅行を! 夏休みは「クラブメッド・北海道 トマム」へ
家庭料理をアップデートして提案。“現代のおふくろ料理”50品に込めたこと
アルテックのガチャが登場! 北欧の名作家具が手のひらサイズになって登場