DATE 2017.04.11

そんなふう 12

シャッターを押したときに既視感があった。まるでタイムスリップしたかのように時空が歪むような、目の前にいる自分の子供の肉体に自分が吸い込まれるかのような、不思議な感覚。すぐに自分のアルバムのなかの一枚とそっくりなんだと気がついた。40歳以上若い父に抱かれた自分も同じように前掛けをつけて少ししかめっつらをしていた。写真を撮られたときのことは覚えていないはずなのに、アルバムに貼られた写真を繰り返し見たせいで、はっきりと覚えているかのような錯覚。記憶に残っていないようで、どこかにしまわれているのだろう。40年分の時間を飛び越えて、若々しい父の声が聞こえてくるかのようになまなましいデジャヴで、自分の子供が自分自身に見えて来るような、奇妙な瞬間だった。時間にするとほんの数秒のことだったけど。

BACKNUMBER 川内倫子 そんなふう
バックナンバー

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】