DATE 2020.06.04

【PARIS/From GAELLE】パリのママンGAELLEが綴るアートなライフスタイル ジャーナル Vol.1

Fasu読者の皆さん、初めまして。フランス・パリ在住のガエル・マンシーナです。フランスもついに自粛があけて、子どもたちは田舎に旅立って行きました。ようやくホッと一息です。

私は現在36歳で、パリに住んで15年になります。出身は南仏のエロー地方にある村です。〈レネレイド・パリ(Les Nereides)〉のアーティスティック・ディレクター、ピエール・パオロ・アマデオと人生を歩んでいて、4歳になる息子ヴィゴと、2歳の娘オリンピアを育てています。

〈レネレイド・パリ〉は、ファンタジー・ジュエリーのブランド。世界に向けてコレクションを展開しています。Instagram(@lesnereidesparis)もやっているので、ぜひその世界感を覗いてみてくださいね。

 

私も〈レネレイド・パリ〉に参画して、もう4年になります。以前はモデルや女優として活動していました。現在はスタイリストやセットデザインの仕事をしています。

 

私が情熱を傾けているのは、何と言ってもインテリア。ブロカントに行って古いアイテムを探すのが大好きです。

この花瓶は、どれもピカルディーのガレージセールでみつけたもの。自然の少ないパリではインテリアに彩りを添えるために、頻繁に花を購入しています。

写真手前の陶製の緑の皿は、以前旅行したモロッコで購入。マグカップは東京の合羽橋。金色のシェードが特徴的な照明は、コンセプトストア〈メルシー(Merci)〉のもの。

 

子どもに服を着せるのも大好きで、家でも快適でおしゃれであるように心がけています。畝織りが可愛い〈コンドル(Condor)〉の靴下は我が家の定番。靴下をまず選んでから、コーディネートしています。

この日は〈コンドル〉の靴下に〈ヤング ソールズ(Young Soles)〉のシューズを合せて。シャツは私の母の手作り! 帽子は〈ボンポワン(Bonpoint)〉。

 

お気に入りのブランドは〈ボントン(BONTON)〉〈シリリュス(CYRILLUS)〉〈ミニ ロディーニ(Mini Rodini)〉〈ボボショーズ(BOBO CHOSES)〉〈ジ・アニマルズ・オブザーバトリー(The Animals Observatory)〉。子ども用のインテリアを探しているときは〈ボントン〉をよく利用します。

 

インテリアも子どものおしゃれも、色や素材をミックスするのが大好き。

この日のオリンピアは活動的なサロペットスタイル。トップスは〈COS〉、着心地の良いニット素材のサロペットは〈ボボショーズ〉のもの。

キッズルームの壁には日本へ旅行をした時に連れて帰ってきた思い出のアイテムを飾って。アトムのお面は東京で毎週土曜日に開催される蚤の市で、アンパンマンは「キディランド」で購入。

 

子どもたちはイラストレーターのイリス・デ・ムウイが手がける絵本が大好きで、お気に入りのコーナーで読みふけることも!

このジャーナルでは、私のパリのライフスタイルと、家族の暮らしを発信していきたいと思っています。ぜひ読んでもらえたら嬉しいです。

息子のヴィゴがジュゼッペ・アルチンボルドの絵画を表現!

LATEST POST 最新記事

六本木ヒルズで旅気分! 本場ドイツの雰囲気を再現したクリスマスマーケット
家族に贈るとっておき。「ザ・コンランショップ」で選ぶクリスマスギフト
tupera tupera|わたしと家族と、 家ものがたり。Vol.10
今年はギフトもサステナブル志向で。 ファミリーに贈りたい「エコストア」の限定セット