DATE: 2017.02.17

〈アニエスベー〉がサポートする科学探査船タラ号寄港イベント開催

今年2月、海洋生物を保護するための科学探査をするタラ号が日本初来航。環境保護のためにこれから何をすべきか考える機会となる乗船体験やセミナーなどのイベントを各地で開催します。

アニエスベーからTシャツ等の特別商品が発売!

アニエスベーは2003年から科学探査するスクーナー船「タラ号」をサポート。タラ号は科学者らと共に、北極海の氷から南太平洋の冷水に至るまで世界中の海を航海し、気候変動や海洋環境の調査・研究を行う一方、人々に環境保護の必要性を呼びかける啓発活動を行ってきました。今回、気候変動に直面するサンゴ礁の生物多様性を調査する11回目の航海「タラ号太平洋プロジェクト」の活動のため、2017年2月から4月までタラ号が日本に寄港。寄港に際し、環境汚染や地球温暖化など、いま海や地球で何が起こっているのかを理解し、環境保護のためにこれから何をすべきか考える機会となる乗船体験やセミナーなどのイベントを各地で開催します。
 
アニエスベーからは、タラ号にまつわるイラストをプリントしたTシャツやアニエスベーが撮影した海の写真を転写したアイテム等の特別商品をFEMME、HOMME、ENFANTから、限定腕時計をMONTRESから3月上旬に発売。またタラ号の使命に共感しサポートする大丸・松坂屋にて、期間限定ストアやトークショーなど様々なイベントを共同開催します。

LATEST POST 最新記事

フォルケでSDGsを学ぶ。現役教師はデンマークで何を得たのか【北欧留学体験記:後編】
子供と一緒に楽しみたい。ホリデーシーズンを盛り上げる「クリスマスじたく」5つのアイデア
環境に優しいトマト栽培って?野菜の会社が行きついた、地球のため、子どもの未来のためにできること
レゴ ブロックで社会貢献。子どもにもできる#BuildtoGive #ハッピークリスマス