DATE: 2017.06.02

〈familiar〉銀座本店に期間限定で「familiar ZOO」開園!

今年創立67周年を迎える、ベビー子ども服ブランド〈familiar(ファミリア)〉とテキスタルデザイナーの鈴木マサルのコラボレーションイベント「familiar ZOO by masaru suzuki」が〈familiar〉銀座本店1Fイベントスペース「CUBiE」にて開催中です。

これはなんの動物かな?

〈familiar〉のロングセラーアイテムであるデニムバッグのものづくりをベースに、創立年数にちなみ67種類の限定柄を鈴木マサルがデザイン。ファミリア専属の加工者が、刺繍、アップリケ、縫製と全て手作りで仕上げる、世界にひとつしかない「familiar ZOO bag」を一同に展示、販売します。アップリケのモチーフは、〈familiar〉のオリジナル生地のはぎれが用いられた、楽しげな67種類の動物たち。会場となる〈familiar〉銀座本店 1F イベントスペース「CUBiE」を動物園さながらに、芝生、岩山、砂場、池、空などのゾーンに別け、それぞれの動物が生息する場所に展示されます。

会期中は親子で楽しめるワークショップも予定し、「familiar ZOO bag」の他、本展オリジナルのプリントバッグ、スタイ、タオル、Tシャツ(6/7より販売開始)も販売します。

ぜひこの機会に、鈴木マサルが描く不思議なフォルムの動物たちが集う“familiar ZOO”を訪れてみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】