DATE: 2019.08.19

企画展「見る!触る!体験する!浮世絵大解剖〜北斎の“グレートウェーブ”を究める〜」が目白で開催

2019年9月8日(日)まで、〈公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団〉の設立25周年を記念した企画展「見る!触る!体験する!浮世絵大解剖〜北斎の“グレートウェーブ”を究める〜」が目白で開催。

江戸時代から続く浮世絵制作の技術を、次代へと継承するための活動を行う〈アダチ伝統木版画技術保存財団〉。財団の設立25周年のアニバーサリーイヤーを記念して、浮世絵の魅力を身近に感じられる企画展「見る!触る!体験する!浮世絵大解剖〜北斎の“グレートウェーブ”を究める〜」を東京・目白の〈公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団常設展示場〉で開催しています。

江戸時代に庶民が楽しんだ浮世絵は幕末以降、ヨーロッパを中心にその芸術的価値が高く評価され、欧米のコレクターが急増するなど、海外でも日本の象徴的な文化の一つとして親しまれています。その浮世絵の中でも高い人気を誇っているのが、“グレートウェーブ”の名で知られる葛飾北斎の「神奈川沖浪裏」。本展では、この名作の出版をプロデュースした版元や、生みの親である北斎、高度な木版技術で制作した彫師・摺師、それぞれのプロとしての仕事に注目し、名作がどのように作られ楽しまれたのか、浮世絵の、そして北斎の真の魅力に迫ります。

会場では親しみを持って鑑賞してもらえるよう、実際に見て触れることができる制作の道具・材料の展示や、夏休み時期に合わせて浮世絵のワークショップも開催。彫と摺の実演や、摺の体験を親子で楽しめるイベントとなっています。日本の伝統文化である浮世絵の世界を体感しに、ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

見る!触る!体験する!浮世絵大解剖〜北斎の“グレートウェーブ”を究める〜

住所:〒161-0033 東京都新宿区下落合3-13-17
TEL:03-3951-1267
会場:公益財団法人アダチ伝統木版画技術保存財団常設展示場
開催日:開催中〜2019年9月8日(日)
開催時間:(平日)10:00〜18:00(土日)10:00〜17:00
休日:月曜・祝日
入場料:無料

■ワークショップ「浮世絵博士になろう!親子向け体験イベント」※事前申込制
開催日:2019年8月21日(水)
開催時間:①10:00〜12:00 ②13:30~15:30
定員:各回20組
対象年齢:6〜15歳
料金:無料
申込方法:電話(03-3951-1267)、メール(adachi@adachi-hanga.com)にて受付
※【親子向け体験イベント申込】と明記の上、参加希望時間・参加者のお名前・年齢・電話番号をお知らせください

■ワークショップ「気分は職人!摺の体験イベント」※予約不要
開催日:8月22日(木)、8月23日(金)、8月24日(土)、8月30日(金)、8月31日(土)
開催時間:10:00〜12:00、13:00〜15:00
料金:●円

公式サイト

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

EVENT SNAP イベントやワークショップ参加者のスナップ