DATE: 2019.09.02

〈京都国立近代美術館〉で企画展「ドレス・コード?――着る人たちのゲーム」展を開催

〈京都国立近代美術館〉と〈京都服飾文化研究財団(KCI)〉が共催で、企画展「ドレス・コード?――着る人たちのゲーム」展を開催。子ども向けのワークショップも実施。

「服を着る」という行為は、私たちが生活を送るうえで欠かせない文化的な営みのひとつ。さらにファッションとは単に「流行の服」や「スタイル」であるだけでなく、時代や地域、社会階層の文化や慣習と結びついたものでもあります。そこには「ドレス・コード」とも言える暗黙の規範やルールがさまざまに存在し、そこから駆け引き、あるいはゲームにも似たコミュニケーションが生まれています。インターネットとSNSの普及によって、誰もが自らの装いを自由に発信できるようになったいま、私たちの時代における「ファッション」の持つ意味は、さらに新しいステージを迎えていると言えるでしょう。

「ドレス・コード?――着る人たちのゲーム」展は、そんなファッションの持つ重要な機能である「ドレス・コード」の意味合いや歴史に焦点を当てて紹介する、意欲的な企画展。歴史的な衣装類から現代の衣服まで、〈京都服飾文化研究財団(KCI)〉の収蔵コレクションから厳選した約90点の展示品を中心に、ファッションの実例や、アート、映画、マンガやアニメなどに描かれたスタイルなどを一挙紹介。展示を通して、現代における新たな「ドレス・コード」を見つめ直します。

さらに2019年9月21日(土)、9月28日(土)には、子ども向けのワークショップ「着せかえ紙人形を使って19世紀のファッション・デザイナーになろう!」を開催。19世紀のファッション誌の付録についていた「着せかえ紙人形」の帽子やドレスの型(白紙)に、好きなデザインを描いて色をつけるアートワークショップを実施します。各日、事前申し込み不要・先着50名までなので気になる方は早めに足を運んで。

「ドレス・コード?――着る人たちのゲーム」展

住所:〒606-8344 京都市左京区岡崎円勝寺町26-1
TEL:075-761-4111
会場:京都国立近代美術館
開催日:開催中〜2019年10月14日(月・祝)
開催時間:9:30~17:00 ※金・土曜は~21:00(入場は閉館30分前まで)
休館日:月曜日 ※9月16日、23日、10月14日は開館、翌火曜日休館
料金:一般1300円 大学生900円 高校生500円 小学生以下、身体障害者・精神障害者・知的障害者・被爆者・戦傷病者の方(介護者1名含む)無料

■ワークショップ「着せかえ紙人形を使って19世紀のファッション・デザイナーになろう!」
開催日:2019年9月21日(土)、9月28日(土)
開催時間:13:00〜16:00
対象:3歳以上(未就学児は保護者同伴必須、大人の参加も可能)
参加費:無料
持ち物:不要(ハサミや色鉛筆を会場で用意)
※事前予約不要、先着50名まで

公式サイト

LATEST POST 最新記事

子どもを野菜好きに! 「おやさい妖精」とコラボした「おやさい食育BOX」が限定登場
キッズも喜ぶバレンタイン。ユーハイム×リサ・ラーソンの限定スイーツ
家族で“あまおうスイーツ”を堪能! エルメ新作も登場「ホテルニューオータニ」スイーツビュッフェ
鉄男・鉄子ファミリーに!ホテルで運転士気分が味わえるシミュレーター装置付きルームが渋谷に限定オープン