DATE: 2017.09.26

北海道を舞台にした3年に一度のアートの祭典「札幌国際芸術祭2017」

札幌国際芸術祭が、札幌市内約30箇所で10月1日(日)まで開催。お子様が楽しめる作品も。

札幌市で3年に1度開催されるアートの祭典、「札幌国際芸術祭」。今回は大友良英をゲストディレクターに迎え、「芸術祭ってなんだ?」というテーマで開催されます。メインテーマに対する大友ディレクターの答えの1つである、サブテーマ「ガラクタの星座たち」につながる77組のアーティストが、札幌市内約30か所に作品を展開します。

数ある会場の中でも、モエレ沼公園や円山動物園は、親子でのアート鑑賞におすすめ。特にモエレ沼公園にある松井紫朗の『climbing time / falling time』では、高低差16mにもなるバルーンの中に入ることができ、お子様が喜ぶこと間違いなし。そのほか「おばけのマール」とコラボしたスタンプラリーや、札幌市内の飲食店とのコラボメニューなど、家族で楽しめるコンテンツも用意されています。札幌の自然の中、アートを堪能できる本展。家族でアートの魅力を再発見してみませんか?

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】