DATE: 2021.05.11

まるで本物みたい!多彩ないきものたちの姿を土のアートで魅せる展覧会

「土」を素材に人や動物をモチーフにした作品を紹介する「Human and Animal 土に吹き込まれた命」が岐阜県現代陶芸美術館で6月20日(日)まで開催中。土から生まれたさまざまないきものたちの姿に大人も子どもも夢中に!
スーザン・ホールズ
《キリン》
1993年 滋賀県立陶芸の森陶芸館蔵
スーザン・ホールズ
《キリン》
1993年 滋賀県立陶芸の森陶芸館蔵

多彩な素材や手法によって美術作品が生み出される現代アートの世界。アート・デザイン・陶芸・彫刻といった芸術の諸分野の境界線が曖昧になりつつある今、国内外で「土」が広く造形の素材として捉え直され、陶芸の分野に留まらない幅広い表現が生まれている。

ステファニー・クエール
《Orangutan》
2016年  作家蔵
Photo: Masaki Ogawa
ステファニー・クエール
《Orangutan》
2016年  作家蔵
Photo: Masaki Ogawa

本展では、そんな「土」を素材に、人や動物といったいきものの姿を多彩に表現した約100点の作品を紹介。参加アーティストは、奈良美智(1959-、日本)、スーザン・ホールズ(1966-、イギリス)、ステファニー・クエール(1982-、イギリス)、キム・シモンソン(1974-、フィンランド)、ベス・カヴェナー(1972年-、アメリカ)の5作家。

奈良美智
《森の子》
2020年 作家蔵
©Yoshitomo Nara Photo: Keizo Kioku
奈良美智
《森の子》
2020年 作家蔵
©Yoshitomo Nara Photo: Keizo Kioku

国内外で活躍する現代アーティストたちによって、土の特性を活かし、いきいきと表現された人や動物たち。その姿からは、土がも持つ力、そして土のアートの新たな局面をうかがい知ることができる。まるで生きているかのような生命力あふれる作品をぜひ親子で楽しんでみては。

※緊急事態宣言発令に伴い、イベントの開催状況は変更の可能性があります。
開催の状況はお出かけ前に「公式サイト」にてご確認ください。

※お出かけの際は密を避け、施設が定める新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に従いながら、楽しく遊びましょう!

LATEST POST 最新記事

エコフレンドリーな赤坂「ARK HILLS CHRISTMAS 2021」。ワークショップや蚤の市、クリスマスマルシェも開催
予算内で理想に近づけるには?部分的DIYで賢くリフォーム【実録!家族4人の郊外移住計画 Vol.3】
クラブメッドのホリデーシーズンが開幕。北海道 トマム、石垣島 カビラで海外気分の年末年始を
10歳で将来の決断を迫られた少女時代。映画監督・安藤桃子に聞いた家族愛と高知愛