DATE: 2021.07.09

「恐竜県」福井から貴重なコレクションがお目見え!恐竜たちの“生きた姿”を体感する「恐竜展2021」

7月10日(土)より東京ドームシティ「Gallery AaMo」で「恐竜展2021」がいよいよスタート。貴重な骨格標本のほか、その迫力を体感できる恐竜ロボットも登場。ワクワクが止まらない展覧会は夏休みのお出かけにもぴったり。

1億6,000万年もの時間をかけて大きく進化を遂げた恐竜。その進化の歴史と恐竜たちの姿を、最新の研究成果に基づきながら、さまざまな展示で紹介する「恐竜展2021」。

「ステゴサウルス」
福井県立恐竜博物館所蔵
「ステゴサウルス」
福井県立恐竜博物館所蔵

見どころは、世界でもトップレベルのコレクションと研究成果を誇る福井県立恐竜博物館が所蔵する貴重な標本の数々。ティラノサウルスやトリケラトプスなどの頭骨、アロサウルスやステゴサウルスなどの全身復元骨格など、子どもたちにも大人気の恐竜たちの標本が勢ぞろいする。

「フクイベナートル」
福井県立恐竜博物館所蔵
「フクイベナートル」
福井県立恐竜博物館所蔵

さらに、福井県で発掘された「フクイベナートル」など太古の日本に生息していた恐竜たちの標本も登場! 「日本にも恐竜がいたんだ!」と、子どもたちの夢も広がる最新の恐竜研究の成果に触れることができる。

ティラノサウルス 実物大 ロボット
©ココロ
ティラノサウルス 実物大 ロボット
©ココロ

また、全長12mのティラノサウルスは、肌の質感や動きなど、“生きた姿”を体感できる実物大のロボットで登場。ティラノサウルスとトリケラトプスの対決シーンは、クリエイティブカンパニー「NAKED,INC.」が制作した大迫力の映像で紹介され、見どころ満載!

東京で、福井県立恐竜博物館の最新の研究成果や貴重なコレクションに触れられる貴重な機会。ぜひ家族で楽しんでみては。

※緊急事態宣言発令に伴い、イベントの開催状況は変更の可能性があります。
開催の状況はお出かけ前に「公式サイト」にてご確認ください。

※お出かけの際は密を避け、施設が定める新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に従いながら、楽しく遊びましょう!

LATEST POST 最新記事

クリエイター夫婦が、TVではなくプロジェクターをリビングに置く理由【東京ファミリー編】
ストレスフリーな子連れ旅行を! 夏休みは「クラブメッド・北海道 トマム」へ
家庭料理をアップデートして提案。“現代のおふくろ料理”50品に込めたこと
アルテックのガチャが登場! 北欧の名作家具が手のひらサイズになって登場