DATE: 2021.08.25

森アーツセンターギャラリーで「KAWS TOKYO FIRST」が開幕、 洗練のポップアートを親子で満喫!

ポップカルチャーの巨匠・KAWSの国内初の大型展覧会が森アーツセンターギャラリーで開催中。アートファンのみならず、子どもたちの感性も刺激してくれること間違いなしの注目展はぜひチェックを。
KAWS TOKYO FIRST 展覧会ビジュアル
KAWS TOKYO FIRST 展覧会ビジュアル

絵画、壁画、グラフィックデザイン、ストリートアート、巨大彫刻など、多岐に渡るアートやデザインで注目され、ニューヨーク・ブルックリンを拠点に活躍するアーティストKAWS。その作品は、ウィットや愛にあふれ、大胆でありながら遊び心があり、アートファンのみならず、観る人を魅了するものばかり。

KAWS HK CHUM, 2002 © KAWS, Collection of Larry Warsh
KAWS HK CHUM, 2002 © KAWS, Collection of Larry Warsh

国内初の大型展覧会となる本展では、150点を超える作品が集結。コマーシャルアートとファインアートの双方の領域を網羅するKAWSの視覚的アプローチに迫り、制作初期の作品から最新作品までの絵画や彫刻、プロダクトを通して、そのユニークな芸術制作の軌跡を辿っていく。

KAWS ACCOMPLICE, 2010 © KAWS, photograph by Jonty Wilde
KAWS ACCOMPLICE, 2010 © KAWS, photograph by Jonty Wilde

さらに、KAWS自身が保有するプライベートコレクションも展示し、KAWSのスタジオシーンも再現。AR(拡張現実)作品やインタラクティブ体験も楽しむことができる。

KAWS FIVE SUSPECTS, 2016 © KAWS, photograph by Todora Photography LLC, Collection of Larry Warsh
KAWS FIVE SUSPECTS, 2016 © KAWS, photograph by Todora Photography LLC, Collection of Larry Warsh

本展「KAWS TOKYO FIRST」は、2001年に渋谷パルコで開催されたKAWSにとって日本初の個展と同名のタイトルであり、20年を経た今、「原点回帰」するという想いも込められている。パワフルな描写と豊かな色彩から生まれるKAWS作品を通して、クリエイティブな感性を親子で磨いてみては。

※緊急事態宣言発令に伴い、イベントの開催状況は変更の可能性があります。
開催の状況はお出かけ前に「公式サイト」にてご確認ください。

※お出かけの際は密を避け、施設が定める新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に従いながら、楽しく遊びましょう!

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】