DATE: 2018.06.29

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」21_21 DESIGN SIGHTで開催

「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」が、2018年10月14日(日)まで21_21 DESIGN SIGHTで開催中。

21_21 DESIGN SIGHTでは、企画展「AUDIO ARCHITECTURE:音のアーキテクチャ展」を開催中。展覧会ディレクターに、ウェブ、インターフェース、映像の分野で活躍する中村勇吾を迎えます。

本展では私たちが普段なにげなく親しんでいる音楽を、音色や音域、音量、リズムといった様々な要素によって緻密にデザインされた構造物(アーキテクチャ)と捉えます。ミュージシャンの小山田圭吾(Cornelius)が音楽の構造に着目して書き下ろした新曲「AUDIO ARCHITECTURE」を、気鋭の作家たちがそれぞれの視点から解釈し、映像作品を制作。参加作家は、映像、アニメーション、ダンス、グラフィック、広告、イラストレーション、プログラミング、メディアデザインなどの領域を横断しながら、多彩な感性をもって新しい表現に取り組む9組です。さらに会場構成を〈Wonderwall〉の片山正通が担当し、ダイナミックな空間が実現。そこに一つの楽曲と複数の映像作品が繰り返し再生されることで、「音楽建築空間」の構築を試みられています。

中学生以下は無料の展示となっているので、ぜひ親子で音楽への新鮮な視点を発見してみては。

LATEST POST 最新記事

プロのパティシエが監修。エド・インターより、本物さながらの木製おもちゃ「夢のフルーツタルト」が発売
令和の子どもの必須教養「お金教育」に役立つアプリ&サービス5選
愛する器たちを、修理しながら長く大切に使い続けるために。【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:前編】
背伸びしたい乙女心をくすぐる!「ポール & ジョー」の新作ランドセルは大人なパステルカラー【2023年入学ラン活NEWS】