DATE: 2018.08.24

美術館なのに“あそべる”?!「あそぶ plaplax」展、東京に巡回

いわさきちひろ生誕100年「Life展」のうちの1つ、「あそぶ plaplax」展が2018年10月28 日(日)まで、ちひろ美術館・東京で開催中。

いわさきちひろの生誕100年にあたる2018年、いわさきちひろと、様々な分野で活躍する7組の作家が「Life」をテーマにコラボレート。そのうちのひとつ、plaplax(プラプラックス)との展覧会が、長野の安曇野ちひろ美術館に続き、ちひろ美術館・東京で開催されています。

plaplaxは主にインタラクティブアート分野における作品制作を手掛けるアートユニット。作品以外にも、空間演出や展示造形、映像コンテンツ制作など、活動は多岐にわたります。そんなplaplaxが、いわさきちひろが子どもを描く時に捉える「あそび」の躍動感をテーマに、来館者が“あそべる”空間を作り上げました。

現代の作家とのコラボレーションを通して、いわさきちひろの魅力を再発見できる本展。すべての「Life展」に入館できるお得なパスポートもあるので、他の展覧会もチェックしてみては?

いわさきちひろ生誕100年「Life展」 あそぶ plaplax

住所:〒177-0042 東京都練馬区下石神井4-7-2
TEL:03-3995-0612
会場:ちひろ美術館・東京
開催日:2018年7 月28 日(土)~10月28 日(日)
開催時間:10:00~17:00(入館は閉館30分前まで)
休館日:月曜日(祝休日は開館、翌平日休館)
料金:一般800円 高校生以下無料
Fasuメンバーズ(無料)に登録しませんか?

家族みんなで楽しめる情報満載のメルマガをお届けするほか、プレゼントや会員限定のイベント・ワークショップにご応募いただけます。

LATEST POST 最新記事

愛する器たちを、修理しながら長く大切に使い続けるために。【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:前編】
背伸びしたい乙女心をくすぐる!「ポール & ジョー」の新作ランドセルは大人なパステルカラー【2023年入学ラン活NEWS】
背負うだけでプレッピースタイルにキマる!トミー ヒルフィガーのランドセルでプレイフルな毎日を【2023年入学ラン活NEWS】
どうする?子どもの見守り問題。最新&人気のGPS端末5選