DATE: 2018.09.05

世界をリードする芸術教育を体感「CIBONE ♡ ECAL CASE STUDIES」CIBONE Aoyamaで開催

CIBONE Aoyamaで、ローザンヌ美術大学(ECAL)から生まれたアイテムの展示「CIBONE ♡ ECAL CASE STUDIES」が2018年9月18日(火)まで開催中。

ローザンヌ美術大学(ECAL)はいまや、世界で5本の指に入るといわれるほど、名実ともに芸術教育の分野においてリードしている教育機関。その由縁は、在学中から、デザインと社会の繋がりを学び、自身が生み出す作品が社会にどう影響するかを考えながら、在学中に複数のプロダクトを発表する場が設けられているから。そのうちのわずかなプロダクトはブランドや企業との協働を通じてさらに開発が進み、完成した商品となって成功を収めています。

今回のエキシビションでは、ECAL生まれの最新の製品や出版物の中から、選りすぐりのアイテムを紹介。世界でも有名な芸術教育を通して、教育の新しいインスピレーションが得られるかも?ぜひ子どもと一緒に訪れてみては。

All the credits are specified on the ECAL website: http://www.ecal.ch/fr/1649/

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】