DATE: 2018.09.10

「ピカソ 版画をめぐる冒険」新潟市美術館で開催!子ども向け講座も

「ピカソ 版画をめぐる冒険」展が2018年11月03日(土)~12月16日(日)の期間、新潟市美術館で開催。12月1日(土)には小・中学生を対象にした子ども講座も。

20世紀最大の芸術家パブロ・ピカソ(1881-1973)。近代美術において造形革命を起こし、絵画、彫刻、陶芸など様々なジャンルで功績を残しました。多くの作品を残したことでも知られ、版画だけでもなんと2,000点近くを制作しています。そんなピカソの版画を中心とした展覧会が開催されます。

本作家は人物画や静物画を描きながら、ギリシャ・ローマ神話を主題とし、自らの分身ともいえる「ミノタウロス」を野心的に追い続けました。さらに、過去の巨匠たちの作品を、ただの模写ではなく自らの解釈を加えながら新たな作品に転換させています。本展では、どのように作家が西洋美術の伝統を捉えたのかに着目し、展示を行います。

会場には、フランス国立図書館の全面的な協力のもと、約100点の作品が集結。さらに、新潟市美術館所蔵のピカソの油彩画も展示されます。ピカソが挑戦したレンブラント、ゴヤなどの版画も展示され、伝統と対峙したピカソ版画の軌跡を辿ることができます。

12月1日(土)には、小・中学生を対象にした、子ども講座「挑戦!ピカソっぽく描いてみよう」も開催(要申込み)。ぜひこの機会に有名芸術家の世界を親子で堪能してみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】