DATE: 2018.09.10

親子で楽しめる舞台芸術の祭典「東京芸術祭2018」池袋で開催

都市型総合芸術祭「東京芸術祭2018」が2018年12月9日(日)まで、東京芸術劇場、あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)ほかで開催中。子どもが鑑賞できるプログラムも。

「東京芸術祭」は、東京の多彩で奥深い芸術文化を通して世界とつながることを目指した、都市型の総合芸術祭。今年は、芸術や演劇の第一線で活躍する創り手が多数集い、100日間で36のプログラムを披露します。

11月3日(土)、4日(日)には、世界レベルのコンテンポラリーダンス作品「空は翼によって測られる」も上映。カメルーン出身の振付家メルラン・ニアカムより師事を受けた静岡県の中高生が、プロ級のダンスで、宇宙を描くダンスパフォーマンスに挑みます。無料で鑑賞でき、中高生が踊るので、子どもも親近感を持って見ることができます。

そのほかに公園での演目もあったり、親子でも楽しめる芸術祭となっています。普段はなかなか触れる機会のない舞台芸術を、この機会に楽しんでみては?

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】