DATE: 2018.12.04

「ぬいぬいワークショップ 子どもの成長を記憶する作品づくり」水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催

「ぬいぬいワークショップ 子どもの成長を記憶する作品づくり」が水戸芸術館現代美術ギャラリーで2019年1月12日(土)に開催。0~2歳のお子さまとその保護者が参加可能。
ワークショップイメージ

水戸芸術館では、0~2歳の子どもがいる保護者を対象としたワークショップを開催。講師に、縫うことで時の記憶や記録を表現するアーティスト・柵瀨茉莉子を迎えます。

今回開催されるのは、子どもとの今を記憶するワークショップ。布に植物を縫いつけ、子どもの身長と同じ長さの糸で運針をして作品を作ります。お父さんやお母さん、おじいさん、おばあさんなど小さな子どもと一緒にどなたでも参加できます。料金には「霧の抵抗 中谷芙二子」展の入場料も含まれているので、ぜひあわせて楽しんでみては。

LATEST POST 最新記事

フォルケでSDGsを学ぶ。現役教師はデンマークで何を得たのか【北欧留学体験記:後編】
子供と一緒に楽しみたい。ホリデーシーズンを盛り上げる「クリスマスじたく」5つのアイデア
環境に優しいトマト栽培って?野菜の会社が行きついた、地球のため、子どもの未来のためにできること
レゴ ブロックで社会貢献。子どもにもできる#BuildtoGive #ハッピークリスマス