DATE: 2018.12.13

段ボールから作るクリエイティブな財布〈Carton〉のフェアとワークショップが国立新美術館内SFTで開催中

段ボールアーティスト・島津冬樹のドキュメンタリー映画『旅するダンボール』が2018年12月7日(金)に公開。公開を記念し、国立新美術館内SFTで題材となった〈Carton〉のミニフェアとワークショップを2019年1月31日(月)まで開催。

2018年SXSW FILMスポットライト部門に正式出品され、世界が今最も注目する段ボールアーティスト・島津冬樹の活動に迫った心温まる記録映画『旅するダンボール』がいよいよ2018年12月7日(金)に公開。本作の公開を記念し、国立新美術館のミュージアムショップ「スーベニアフロムトーキョー」にて、映画の題材となった〈Carton〉のミニフェアとワークショップが開催されています。

フォントやグラフィックなど、そのデザインを見ているだけでも楽しい段ボール作品のコレクション。今回のフェアでは、財布やパスケースなどの展示販売はもちろん、それらが作り出される背景となる世界中の段ボールやサンプル資料なども展示。また、ワークショップではお気に入りの段ボールで世界にひとつだけのカードケースが作成できます。

子どもたちの工作にもインスピレーションを与えてくれるかも?ぜひ親子で訪れてみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】