DATE: 2019.03.08

京都府立植物園で「桜ライトアップ2019」を開催

2019年3月25日(月)〜4月7日(日)の間、京都府立植物園で「桜ライトアップ2019」が開催。ソメイヨシノやヤエベニシダレなど、約250本の桜を幻想的にライトアップ。
京都府立植物園 桜ライトアップ2019

来園者にとっての憩いの場・教養の場を目指し、他の地域や植物園では見ることのできない貴重な植物を保有している京都府立植物園。桜に関しても多様な品種を楽しめるのが魅力です。現在保有する品種は200種を超え、その中から約150品種を観賞することができます。

そんな多様な桜が見頃を迎える2019年3月25日(月)〜4月7日(日)の間、幻想的な灯りで桜を照らす「桜ライトアップ2019」を開催。ソメイヨシノやヤエベニシダレを中心に、日ごとに変わる約250本の夜桜を楽しめるイベントになっています。

ソメイヨシノの古木やウコン、オムロアリアケなど珍しい桜が多数観賞でき、ご家族で植物の勉強をする場としてもぴったりな京都府立植物園。明るい時間から夜まで、ガラリと変わる植物園の雰囲気を楽しんでみてはいかがでしょうか。

桜ライトアップ2019

住所:〒606-0823 京都府京都市左京区下鴨半木町
TEL:075-701-0141
会場:京都府立植物園「桜林」エリア
開催日:2019年3月25日(月)~4月7日(日)
開催時間:日没後(18:30頃)~21:00(入園は20:00まで)
※通常17:00の閉園時間を21:00まで延長
料金:一般200円 高校生150円 中学生以下、70歳以上の方(※要証明提示)、障害者手帳提示の方無料(温室観覧料を含む)
公式サイト

※本記事は、旧サイト「MilK JAPON WEB」に掲載された記事です。MilK JAPON WEBは、2020年4月に「Fasu(ファス)」として生まれ変わりました。詳しくはこちら

EVENT SNAP イベントやワークショップ参加者のスナップ

LATEST POST 最新記事

THE NEW CLASSIC  <br>〈ポロ ラルフ ローレン〉が演出するアクティブな品性
〈モンクレール アンファン〉MilKエディターのとっておき
岩田ファミリーが思い描いた、親と子と孫3世代をつなぐ暮らし|HOUSE STORIES Vol.10
宝探しのような買い物体験を。染谷真太郎が手がける新機軸のショップ「ミドリコーヒ」が南青山に登場