DATE: 2019.04.02

〈SFT GALLERY〉で企画展「うつわベーシック 碗と椀。」を開催中

国立新美術館内のミュージアムショップ〈スーベニアフロムトーキョー〉に併設されている〈SFT GALLERY〉で、「うつわベーシック 碗と椀。」を開催中。16人の作家による魅力あふれる器を紹介。

国立新美術館のミュージアムショップ、〈スーベニアフロムトーキョー〉に併設されている〈SFT GALLERY〉では、年間約6組の展示を企画し、アートやデザインを気軽に楽しむためのきっかけを提供しています。

現在開催中の企画展「うつわベーシック 碗と椀。」では、茶碗やめし碗、汁椀といった、人の手に包まれる器の“わん”にフォーカス。16人の作家が手がけた、魅力あふれる器を一挙にご紹介します。

素材に向き合い丁寧に作られた器は、気品に溢れ、人の暮らしに寄り添ってくれるもの。その美しさを、ぜひご堪能ください。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】