DATE: 2017.06.29

子どもたちが考えたアイデアを〈ソニー〉が実現!ポータブル超短焦点プロジェクターの新しい使い方とは。

表参道沿いに期間限定でオープンしている、〈ソニー〉のポップアップストア「Life Space Collection」。6月4日(日)にはMilK JAPON 会員の子どもたちを招いて、〈ソニー〉のエンジニアと共に、ポータブル超短焦点プロジェクターの新しい使い方を考える「子ども企画開発室」を開催。Life Space UXの商品が様々なライフスタイルシーンで展示されている中で、子どもたちはユニークなアイデアを次々に発表し、大人たちを驚かせました。

全力で考えた子どもたちに、次は大人たちがこたえる番。子どもたちから飛び出したアイデアをベースに、〈ソニー〉の担当者たちが企画実現に向かって奮闘。そしてついに、その完成形がLife Space Collectionにてお目見えとなりました。

採用されたのは、橋村ののちゃんの「床に映像を映して、雲の上で魚釣りをしたい」というアイデアと、阿部さらさちゃんの「プロジェクターを2つ使って、違う映像を重ねて、混ぜてみたい」というアイデア。今回はこの2つのアイデアを組み合わせたプロトタイプが実現しました。

1つのプロジェクターからは、雲が流れる空、水面が揺れる海、サッカー場などの背景となる映像。もう1つのプロジェクターからは、「子ども企画開発室」に参加した子どもたちが描いたイラストがアニメーションとなって流れます。

「子ども企画開発室」に参加した子どもたちが描いたイラスト

いつもは見上げている青空が足元に広がり、その中には女の子がふわふわと浮かんでいます。

海の中で赤ちゃんがボールで遊んでいたり、運動場には海の生き物が泳いでいたり……。

現実ではありえないような、どこか不思議で面白い「混ぜこぜ」な世界が目の前に!

未来の遊びとして、子どもたちがポータブル超短焦点プロジェクターを使って、自由にオリジナルの世界を作る日が来たら楽しそうですね。

〈ソニー〉のポップアップストア「Life Space Collection」は7月2日(日)まで開催。今回ご紹介した子どもたちと〈ソニー〉のアイデアのプロトタイプも店内にて展示されています。ぜひ実際に見に行ってくださいね。

LATEST POST 最新記事

エコフレンドリーな赤坂「ARK HILLS CHRISTMAS 2021」。ワークショップや蚤の市、クリスマスマルシェも開催
予算内で理想に近づけるには?部分的DIYで賢くリフォーム【実録!家族4人の郊外移住計画 Vol.3】
クラブメッドのホリデーシーズンが開幕。北海道 トマム、石垣島 カビラで海外気分の年末年始を
10歳で将来の決断を迫られた少女時代。映画監督・安藤桃子に聞いた家族愛と高知愛