DATE 2021.10.01

段ボールをアップサイクル! 部屋に飾っても可愛い、サボテンの立体パズル【Be Creative!】

クリエイティブな気分を盛り上げる、工作やインテリアデコレーション、ゲームや遊びなどの提案をするシリーズ【Be Creative!】。今回のテーマは、キュートなサボテンの立体パズル!

バランスをとりながら組み合わせて、オリジナルのサボテンを作ろう

今回挑戦するのは、子供部屋に飾っても可愛い、サボテンの立体パズル。

バランスを取りながらピースを組み合わせないと倒れてしまう、ちょっと技ありのパズルは、子供ウケも申し分なし。

段ボールを手に入れたら、早速作ってみて。

 

 

 
 
   

まずは、段ボールにペンでサボテンのパーツを描きます。

写真左下2点はベースになる部分(鉢に入れる部分)なので、手持ちの鉢に入るサイズにし、また、下のラインを真っ直ぐ描くようにします。

そのほか、大中小と大きさを変えたパーツ、そして、小さい花のパーツも作ります。その際、パーツとパーツを組み合わせるのに必要な、切り込みラインも描きましょう。

ラインを描き終えたらハサミでカット。小さいお子さんにはちょっと難しいので、大人が手伝って上げるといいかも。

 

 

 

 

 
 
   

カットした後は、パーツに絵の具で色を塗ります。両面塗るのを忘れずに。

乾いてから、ペンでトゲを描き加えれば、パーツの出来上がり。

 

 

ベースとなる2つのパーツを組み合わせて、鉢に入れます。

この際、ぐらつくようなら、鉢の中に粘土やティッシュなどを詰め込んで安定させて。

 

 

 

ベースができたら、後は自由にパーツを組み合わせるだけ。

左右のバランスが悪いと倒れるから、それに注意しながら、オリジナルのサボテンをお子さんに作ってもらいましょう!

もっとパーツを増やして難易度を上げることも可能です。

この週末、ぜひ、お子さんと一緒に試してみてください。

【用意するもの】

段ボールボード

絵の具

ペン

はさみ

 

 

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】