DATE 2021.09.17

蝶結びがまだうまくできない子に。段ボールで靴ひも練習ボードを手作り!【Be Creative!】

クリエイティブな気分を盛り上げる、工作やインテリアデコレーション、ゲームや遊びなどの提案をするシリーズ【Be Creative!】。今回は、家にある段ボールとひもで、靴ひも練習ボードに挑戦!

自分で作ったら、苦手な蝶結びの練習もはかどる!

靴ヒモや、パンツのウエスト部分のコードなど、蝶結びをする必要があるたびに、子供に「やってー」と言われ、

そろそろ、結び方を覚えてほしいなあ、でも、結構難しいしなあ、と思っている親のみなさん。

この靴ヒモ練習ボードを子供と作ることを激しくオススメします!

我が子もこれで、結べるようになりました。

基本の材料は段ボールと2色のヒモだけ。早速、この週末にトライしてみて。

 

 

 
 
   

まずは、段ボールにペンでスニーカーの輪郭を描き、クレヨンなどで色を塗ります。

ペンで描くのは大人、色を塗るのは子供、と役割分担しても。

その際、「はいてみたいスニーカーをデザインしてみて!」など、子供のクリエイティビティを刺激する様な言葉を掛けながら、自由に色を塗ってもらいましょう。

 

ドライバーなど、先が尖っている太めのもので靴ヒモの穴を開けます。

その後、2色のヒモをそれぞれ半分の長さにし、違う色同士を結びます。

こうすることで、左右のヒモの色が違くなり、蝶結びをする際、とてもわかりやすくなります。

段ボールのボードの裏からヒモを通したら完成!

 

 

自分でデザインしたカラフルスニーカーの靴ヒモなら、子供も楽しんで練習するはず。

蝶結びできない子供と、早速この週末に作ってみて!

【用意するもの】

段ボールボード

2色のひも(それぞれ60cm用意)

ペン

クレヨン

ドライバーなど穴を開けるもの

 

 

LATEST POST 最新記事

今年はハロウィンもSDGs。 廃材で作る、おしゃれデコレーション4選
「食欲の秋」を盛り上げる、おいしいもの大集合!
大宮エリーが考える、今の子供たちに「クリエイティブ力」が必要だと思う理由
服を使ったパズルとは?子供の創造力やセンスを養う、BEAMSの知育玩具プロジェクトが始動中