DATE 2021.12.28

紙皿で作るアートなクラウンをかぶって、ニューイヤーを祝おう!【Be Creative!】

クリエイティブな気分を盛り上げる、工作やインテリアデコレーション、ゲームや遊びなどの提案をするシリーズ【Be Creative!】。今回は、紙皿を使ったカラフルなクラウン作りに挑戦!

子供の自由なデコレーションで、紙皿をアートなクラウンにアップデート!

今年の春に始まった「Be Creative!」

さまざまな工作のアイデアをお届けしましたが、楽しんでいただけましたでしょうか。

 

そして、2021年の締めくくりとなる今回トライするのが、アートなクラウンです。

 

紙皿を、絵の具やラメ、ポンポンなどで、デコレートして作るクラウンは、素材がシンプルだからこそ、子供の個性が際立つ工作。

ニューイヤーパーティーを始め、さまざまなパーティーシーンでかぶったら、きっと可愛く目立つはず!

紙皿は裏向きにして作業します。紙皿を用意する際は、少し深さがあるものを選ぶのがポイント。

 

 

 

今回は、絵の具で色づけした後に、きらきら光るラメをデコレート。ボンドをたらし、そこにラメの粉をまぶして、乾くのを待てばOK。

 

紙皿の中心をカッターで十字にカットし、そこからハサミを入れ、8等分にカットします。

カットしたら上向きに折り曲げて。

 

 

最後にポンポンをボンドでつけたら完成。

 

今回の材料は、あくまで一例。子供のクリエイティビティの赴くままに、自由な材料でデコレートさせてみて。世界で一つのクラウンが出来上がるはず!

ぜひ、冬休みのおうち時間に試してみてください。

 

 

 

【用意するもの】

紙皿

絵の具と筆

ポンポン

ラメ粉

ボンド

カッター

はさみ

 

 

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】