DATE: 2021.06.18

初来日となる貴重な原画もお目見え!
「誕生65周年記念 ミッフィー展」

昨年より全国巡回中の「誕生65周年記念 ミッフィー展」が、7月4日(日)まで青森県立美術館で開催中。原画やスケッチなど、貴重な資料が勢ぞろいし、見どころ満載!
『うさこちゃん おばけになる』印刷原稿 2001年
『うさこちゃん おばけになる』印刷原稿 2001年

2020年に誕生から65年を迎えたミッフィー(うさこちゃん)。オランダの絵本作家ディック・ブルーナ氏によって生まれたミッフィーの物語は、私たちに寄り添い、心温まるものばかり。親世代はもちろん、今も多くの子どもたちに愛されている。

『うさこちゃんは じょおうさま』スケッチ 2006年
『うさこちゃんは じょおうさま』スケッチ 2006年

そんなミッフィーの誕生65周年をお祝いする本展のテーマは”with”。

ミッフィーの初期4作品のひとつ『ゆきのひの うさこちゃん』(1963年)より、これまでたった1枚しか来日したことがない同作の原画の数々が登場するほか『うさこちゃん おばけになる』(2001年)、『うさこちゃんは じょおうさま』(2007年)を含む3作の原画や資料が初来日するなど、貴重な直筆原画やスケッチ、創作メモなど300点以上が勢ぞろいする。

『うさこちゃんと にーなちゃん』印刷原稿 1999年
『うさこちゃんと にーなちゃん』印刷原稿 1999年

さらに、日本の絵本作家や児童文学者と親交を温め、日本の絵本文化にも大きな影響を与えたブルーナ氏の思い出と創作の魅力を、日本の関わりから紐解いていく。

また会場には、展覧会オリジナルグッズも登場! 次回は東京・立川「PLAY! MUSEUM」にも巡回予定。子どもと一緒に、ミッフィーの新たな魅力を再発見できる貴重な展覧会。ぜひチェックしてみては。

※緊急事態宣言発令に伴い、イベントの開催状況は変更の可能性があります。
開催の状況はお出かけ前に「公式サイト」にてご確認ください。

※お出かけの際は密を避け、施設が定める新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に従いながら、楽しく遊びましょう!

Illustrations Dick Bruna © copyright Mercis bv,1953-2021  www.miffy.com

LATEST POST 最新記事

クリエイター夫婦が、TVではなくプロジェクターをリビングに置く理由【東京ファミリー編】
ストレスフリーな子連れ旅行を! 夏休みは「クラブメッド・北海道 トマム」へ
家庭料理をアップデートして提案。“現代のおふくろ料理”50品に込めたこと
アルテックのガチャが登場! 北欧の名作家具が手のひらサイズになって登場