DATE: 2017.12.22

話題のテキスタイルデザイナーによる九州初個展「鈴木マサルのテキスタイル展」

「鈴木マサルのテキスタイル展 目に見えるもの、すべて色柄」が2018年1月14日(日)まで三菱地所アルティアムで開催中。

鈴木マサルは、自身のブランドOTTAIPNU(オッタイピイヌ)をはじめ、マリメッコやユニクロなど国内外のブランドのテキスタイルデザインを手がけるテキスタイルデザイナー。現在、鈴木による九州初となる個展が開催されています。

本展では、「目に見えるもの、すべて色柄」をテーマに、これまで発表してきたテキスタイルや傘、ラグ、ファブリックパネルなど約100点を用いて空間を構成。鮮やかで、版の重なりから生まれる奥行きのある色彩、ユーモアあふれるモチーフとダイナミックな構図がもたらす空間が出現します。

会期中、併設ショップ内ではポップアップショップがオープンし、イムズ12Fのレストランゾーンの吹き抜け空間でもテキスタイルが展示されています。クリスマスやお正月など街が賑わう時期、色と柄が織りなす本展を楽しみに、親子で訪れてみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】