DATE: 2021.04.13

弘前れんが倉庫美術館で開催中の「りんご宇宙」。現代アーティストたちの想像力を満喫!

りんごをめぐる豊かな思考と想像に着目し、国内外アーティストの作品を紹介する「りんご宇宙―Apple Cycle / Cosmic Seed」。昨年オープンした青森の「弘前れんが倉庫美術館」で8月29日(日)まで開催される。
雨宮庸介《Apple》2018年 Courtesy of SNOW Contemporary
雨宮庸介《Apple》2018年 Courtesy of SNOW Contemporary

西洋美術史において、古来より豊穣や生命のはかなさなどの象徴として多く描かれてきたりんご。りんご宇宙―Apple Cycle / Cosmic Seed」では、こうした表象としてのりんごのみならず、りんごという素材を使って生まれた新たな創作アプローチや、宇宙規模に展開される多様なイマジネーションの形を紹介していく。

ケリス・ウィン・エヴァンス “….the Illuminating Gas” Exhibition view at Pirelli HangarBicocca, Milan, 2019.
Courtesy of the artist and Pirelli HangarBicocca, Milan Photo: Agostino Osio [参考図版]
ケリス・ウィン・エヴァンス “….the Illuminating Gas” Exhibition view at Pirelli HangarBicocca, Milan, 2019.
Courtesy of the artist and Pirelli HangarBicocca, Milan Photo: Agostino Osio [参考図版]

見どころは、英国・ウェールズ出身で世界的に活躍するアーティストのケリス・ウィン・エヴァンスの巨大彫刻。「植物としてのりんごの生」、「りんごからシードルへの加工・生産の残像」、「原罪の比喩(欲望・原動力)」、「ユリイカ(わかった!)の瞬間」、「ニュートンの万有引力から導かれる宇宙の自然法則、太陽の周囲をめぐる軌道」など、りんごをめぐる思考が発想の元となったネオン管を使った約7mの彫刻は圧巻。

ジャン=ミシェル・オトニエル《エデンの結び目》(Simulation from the artist studio) ©︎Othoniel Studio
ジャン=ミシェル・オトニエル《エデンの結び目》(Simulation from the artist studio) ©︎Othoniel Studio

またコロナ禍で展示が遅延していたジャン=ミシェル・オトニエルの新作コミッションワークも公開されるほか、「弘前エクスチェンジ」では、りんごに関する地元の研究・取り組みも紹介。現代アーティストたちの作品とともに、りんごの意味の豊かさや可能性に触れてみませんか。

※開催の状況はお出かけ前にご確認ください。

※お出かけの際は密を避け、施設が定める新型コロナウイルス感染症の拡大防止対策に従いながら、楽しく遊びましょう!

LATEST POST 最新記事

まるで本物みたい!多彩ないきものたちの姿を土のアートで魅せる展覧会
子どもとのアウトドアに必須! Teva®のスポーツサンダルに新色が登場
屋上菜園、野菜の新コレクション計画進行中!
SE構法に欠かせない“集成材”。安全性を高めるための製造過程とは?|森から生まれる、木の住まい。Vol.2