DATE: 2017.12.26

人気テキスタイルブランドの精神に迫る「マリメッコ・スピリッツ」銀座gggで開催

3名のデザイナーによるデザインを通じてマリメッコの精神を紹介する展覧会が、ギンザ・グラフィック・ギャラリーで2018年1月13日(土)まで開催されています。

日本をはじめ世界各国にファンを持つフィンランドのテキスタイルブランド、マリメッコ。1951年の立ち上げ当初からデザイナーが自由に創作意欲を発揮できる環境を整え、時代を超えて愛され続けることとなる代表的なデザインパターンを次々と生みだしていきました。

本展では、そんなマリメッコの現在を支えるデザイナーの中からパーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤ・メッツォラの3名に焦点をあて、その創作活動に迫ります。代表パターン各4点をはじめ、オリジナル作品や各作家のインタビュー映像などを通して、彼らのなかに共通する“マリメッコの精神”とは何かを俯瞰することができます。また今回、 彼らが“JAPAN”というテーマで新作パターンに挑戦。会場では、パターン化され、生地として完成する工程の一端を見ることができます。

本展を通じて、フィンランドと日本とで共鳴し合える感性がどこにあるのかを見つめ直すことができます。さらに今回、書籍『マリメッコ・スピリッツ パーヴォ・ハロネン/マイヤ・ロウエカリ/アイノ=マイヤ・メッツォラ』も刊行されるので、ぜひあわせてチェックしてみては。

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】