DATE 2017.06.09

17 アスパラのピューレとクルミとベーコンのパスタレシピ

シェフ・相場正一郎による、忙しい時にさっと20分で作れる絶品パスタレシピ。今回は、テーブルに彩りを添えてくれる鮮やかな旬パスタ。旬のアスパラを丸ごとペーストにした濃厚な味わいと、クルミの食感が楽しい一品です。冷めても美味しいので、お弁当に入れるのにもおすすめ!

具材はアスパラ、ベーコン。ベーコンは角切りのものが食べ応えもあっておすすめ。パスタは「ファルファーレ」を使います。

下準備

沸騰したお湯に塩を加え、下処理したアスパラを入れる。具材に使う用に2本は固めに1分で取り出す。残りはペーストにしてソースに使うので、柔らかめに3分下茹でする。ベーコンは5mm幅に切る。パセリは細く刻んでおく。

つくり方

1)柔らかめに茹でたアスパラを適当な大きさに切り、生クリームを加え、ハンドミキサーでペースト状にする。

繊維が残らないよう、よくピューレする。

2)オリーブオイルをひいたフラパンにベーコンをいれ、強火でカリカリになるように焼いていく。

3)焦げ目がついてきたら火を中火にして、ビューレにしたアスパラ、パスタの茹で汁を少し加えて混ぜ合わせる。

4)たっぷりの塩で茹でたパスタ引き上げる前に、具材用のアスパラを同じ鍋に入れ、温めてから一緒にソースに加える。お好みで塩、パルメザンチーズを加えて味を整え、よく振って絡める。

5)最後に、オリーブオイル、クルミ、パセリを振りかけて完成!

LATEST POST 最新記事

トレンドのくすみカラーが満載。軽さも魅力の村瀬鞄行「ボルカグレイッシュ」【2023年入学ラン活NEWS】
ミュージシャン坂本美雨の子育て談には共感がいっぱい! 【ヤマハ銀座店発のラジオ番組「MAKE WAVES RADIO」収録レポート】
子どもが使う食器にも安心。本格金継ぎで、割れてしまった器を再生【谷尻直子の漆金継ぎ体験記:後編】
究極のラグジュアリー・ランドセル。ポロ ラルフ ローレンの最上位モデルとは?【2023年入学ラン活NEWS】